[ホーム] [製品情報]

がん登録システム

がん登録システムとは システム構成 システム特徴 機能一覧

概要

地域がん診療拠点病院、また各都道府県に準拠した登録項目と患者さまの予後調査入力機能や生存率統計、県提出統計の管理を 目的とし、院内がん登録機能の他に通常の診療情報管理も有するシステムとなっております。

導入効果と特徴

電子カルテシステムとの連携により患者様基本情報の二重登録が不要となります。
電子カルテシステムに登録されている病名情報を一覧表示し選択して取り込めるため、転記ミスが減少します。
患者様の疾病情報、履歴管理が腫瘍単位(重複がんに対応)で登録、参照ができます。また、患者様の予後情報や追跡調査などのデータを管理することができます。
登録済みの患者様疾病情報などがCSVデータとして出力でき、お客様によって独自の帳票を作成することができます。
各都道府県に準拠した登録項目と統計出力ができ、全国または、地域におけるがん診療のデータを管理することができます。
地域がん診療拠点病院・院内がん登録項目標準項目に準拠しており、全国集計用の個票データをCSVに出力できます。
地域のがん診療に携わる医師等の医療従事者の研修を目的とした統計情報、及び地域がん診療の情報提供体制を整えることができます。